その他のコンテンツ

受験生Q&A – 4.就職・資格取得 –

3.個別科目に関して
Q.経済学部で学ぶと、どのような職業に就くことができますか?

経済学は、社会全体の仕組みを学びます。また、「産業論」や「公共地域政策論」という科目を通じて、様々な産業の現実を知る機会もあります。こうした経済学部での学びによって、どのような業種でも第一線で活躍できる力を身につけることができます。実際の就職先の傾向としては、金融・保険業が最も多く、次いでサービス業、製造業、卸・小売業となっています。この他、官公庁・地方自治体、NGO活動、NPOへの参画などの道もあります。

Q.経済学部では、教員免許を取得することができますか?

経済学部では2012年度以降入学生より教員免許の取得はできません。
取得可能な資格は、経済学科では司書教諭(2011年度以前入学生)、司書、社会教育主事、学芸員が取得できます。
現代経済デザイン学科では、司書、社会教育主事、学芸員の資格が取得できます。

Q.経済学部では、公認会計士、税理士などの資格を取得することができますか?

公認会計士、税理士などの資格は、特定の科目を修得し卒業すれば取得することができる、というものではありません。そこで、経済学部では、課外講座として「税理士特別講座」を無料で開講し、公認会計士や税理士を目指す学生をサポートしています。
また、今年度は、相模原キャンパスにて、1・2年生を対象とした「日商簿記直前対策講座」を開講しました。