教育・研究施設

経済学会

青山経済論集 第64巻 総目次

執筆者名 タイトル 号数
Yoshito Funashima Regional Income Redistribution and Its Risk-Sharing Effects
under Uncertainty:
The Case of Japan’s Spotty Prosperity
2
舟島 義人
堀場 勇夫
宮原 勝一
地方税の安定性に関する一考察
─時変パラメータモデルを用いて─
4
Takashi Inoue Which Does City Size Distribution Depend on, the Rank-Size
Rule or the Lognormal Distribution Model?
3
石井 信之 経済思想史・経済学史研究回顧
─通史、ノーベル経済学賞、アダム・スミスをめぐって─
(特別寄稿)
4
金田 由紀子 1860年の日米交流
─詩・写真・挿絵・日記に記録された日本─(研究ノート)
2
今  喜史 サーチ・マッチング理論に基づく国際貿易と失業率の
研究の展望(研究ノート)
4
牧 和生
中込 正樹
ホスピタリティにおける期待と予測 3
松尾 孝一 地方自治体における非正規職員問題
─その現状と課題─
4
永山 のどか 19世紀後半~1920年代ドイツにおける企業家と
住宅供給(上)  
─ゾーリンゲン市の事例─
1
  19世紀後半~1920年代ドイツにおける企業家と
住宅供給(下)
─ゾーリンゲン市の事例─
2
中川 辰洋 ユーロボンド創出構想の理念と現実
─ヨーロッパ委員会レポートを中心にして─
1
  クレディ・アグリコールの構造と変貌
─株式上場10年の回顧と展望─(研究ノート)
1
  今次EU首脳会議の合意とその含意
─いわゆる「銀行同盟」構想を中心にして─
2
  ユーロ圏銀行同盟考
─全面同盟か、それとも部分同盟か?─
3
  「資本」概念成立探究
─馬場宏二「資本・資本家・資本主義」を中心にして─
4
中込 正樹 ブレイン・デコーディングと認知的フレームの選択に関する
ニューロ・エコノミクス的実験研究とその認知哲学的含意の考察
4
  苦の経済学(研究ノート) 4
中村 隆之 ケインズの「投資の社会化」概念の変遷
─マーシャルとの関係を通じて─
4
成田 淳司 非伝統的金融政策について(研究ノート) 1
西川 雅史 地方自治体の業績投票
─首長選挙と地方財政─
2
高橋 重雄 青山学院大学経済学部における産学官連携事業の
取り組みについて(資料)
4
高嶋 修一 大正・昭和前期の東京近郊における耕地整理組合経営
─玉川全円耕地整理組合を事例として─
2
  明治の兎バブル(研究ノート) 4
美添 泰人 景気動向指数と頑健統計学 3