その他のコンテンツ

経済学部 学生記者クラブ

60周年記念講演会を前に、CEOにインタビューしました。

photo010貴重なお時間をいただきまして・・・
<講演会前インタビュー!!>

中央左:EMCジャパン代表取締役社長 諸星 俊男氏
中央右:マイクロソフト代表執行役副社長 堂山 昌司氏

今回の講演会で、学生に最も伝えたいことを教えてください。

諸星 俊男氏:まず、時代が変わっているということがひとつ伝えたいことですね。情報産業がどれだけ変わってきたのか、そしてこれからもどんどん変わっていく中で、自分たちが何をすべきなのかということをしっかりと考えていただきたい。そのヒントをあまり与えすぎてもいけないかもしれないですけれど、多少なヒントを与えてあげられたら面白いんじゃないかな、と。皆さんの将来のヒントになれば幸いだなと考えております。

堂山 昌司氏:ここ数年だけでも、学生の方々に感じてほしいのは、やはり変化は当たり前に起こるということ。その変化一つ一つをネガティブに捉えていっても、自分は負けるだけ。その変化をポジティブにとって、その変化を利用して前向きに走るんだということを知っていただきたい。またその決めるときにも勇気を持って決める。我々がよくいっているのは、「アジリティー(agility)」、自分が決めたことを達成すること。やってみるということを忘れずにあきらめずにやれ、というのが大事なことじゃないかな。

—お話しを伺った感想—
学生生活の中で失敗を恐れずに自ら挑戦していくことの大切さを学びました。17日の講演会は、学生にとって、何か新しいことに挑戦するきっかけになると思います。(4年 Y.Hikari)

お二人ともとても気さくな方でした。講演会を本当に楽しみにしています。(3年 E.Eriko)

News!!
※講演会参加学生に対してEMCジャパン社よりインターンシップの提供がございます。ICT企業の貴重な経験ができるまたとないチャンスです。皆さんの積極的な応募をお待ちしています!!!

経済学部60周年記念講演会
日時:2009年10月17日(土)13:00〜15:30(12:30開場)
場所:青山キャンパス ガウチャーメモリアルホール
テーマ:「情報通信技術の最前線、その未来」
【第一部】「ICTは経済再生の牽引車となりうるか」
【第二部】経済学部生とのディスカッション「次世代企業人の生き方をさぐる」