ニュース・トピックス

学生による「就職支援イベント パネルディスカッション」が実施されました。

081018_1 10月17日(金)18時より、経済学部ゼミナール連合・法学部ゼミナール連合の共催により、「就職支援イベント パネルディスカッション」が開催されました。会場である青山キャンパス11号館の1123教室(310名収容)には早くから3年生が集まり、補助椅子を出さなければ入りきれないほどの大盛況となり、教室内は熱気に溢れていました。中には、相模原キャンパスから駆けつけた熱心な2年生の姿もありました。

第1部は資生堂、毎日コミュニケーションズ、サイバーエージェントの3社の人事担当者から会社説明、HPには書かれていない内部情報について、学生たちは真剣そのもので聞き入っていました。

081018_2 休憩を挟んで続く第2部では、損保ジャパン、プリンスホテル、野村證券、明治安田生命に勤務する2008年度本学卒業生が、①現在の会社を選んだ決め手、②将来のビジョン ③社会人の本音について、リラックスした様子で後輩たちに語りかけました。この3月に大学を卒業したばかりの新入社員とは思えないほど、皆一様に立派な社会人となって、すでにそれぞれが、しっかりした将来のビジョンをもっていることには驚かされました。終了予定時刻を大幅に過ぎても、後輩たちから先輩への熱心な質問は相次ぎ、20時半を過ぎてから漸く閉会となりました。
今回は初のゼミ連合同開催イベントでしたが、2学部の学生たちが協力して一つのイベントを行うことで集客力も飛躍的に増し、学生目線による企画によって、単にゼミ生だけでなく、多くの学生たちにこれから始まる就職活動について、具体的なヒントを与えることができました。3年生が主体となって企画した今回のイベントですが、経済学部ゼミナール連合では4年生のゼミ連役員も会場整理や受付、荷物運搬など積極的に3年生をサポートして、イベントを成功させようと協力しているのが印象的でした。ちなみに、両ゼミ連学生は、男女全員スーツ姿で颯爽と各々の分担をこなしている姿に、彼らなら就職活動も絶対に大丈夫!と、強く確信しました。
これから始まる就活に、頑張れ!3年生!

(文責:教務課)