ニュース・トピックス

経済学部ゼミ連が世界的運動「スタンドアップ・テイクアクション」に参加

10月17日に始まった「スタンドアップ・テイクアクション」は、一斉に立ち上がることで、貧困をなくす意思を示す世界的な運動。本学と青山通りを挟んで向かい合う国連大学前では、17日(木)アフリカ、東南アジア諸国の大使や国連職員約180名が参加し、シンボルの赤いカードを掲げて一斉に立ち上がりました。(参考:10月18日付け朝日新聞朝刊)
格差問題に関心の高い我らが経済学部ゼミナール連合の学生たちも、この運動に参加してきました。

20081022