ニュース・トピックス

Global Investment Research Challenge Japan 2010で 「特別賞(第2位)」受賞

 証券分析及び運用アドバイスにおいて世界的に認められている専門資格CFA (Chartered Financial Analyst®=CFA協会認定証券アナリスト) の認定・推進機関であるCFA協会では、次代の投資プロフェッショナルとしての活躍が期待される学生の育成を目的として、企業分析の手腕を競う 「グローバル・インベストメント・リサーチ・チャレンジ」 というイベントを開催しています。このイベントは、大学院・学部生の学生のチームが証券・企業分析を行い、その手腕を競います。また、全世界で展開しており、2008年には世界各地から約240 校の大学が参加し、日本国内大会はアジア大会、世界大会への予選も兼ねています。

 さる12月10日、2010年国内大会最終選考会が開催され、青山学院大学の学生のチームが、昨年に引き続き、見事に第2位の特別賞を受賞しました。

 このイベントは、企業分析レポートに基づく専門家による一次審査で4大学(青山学院大学、東京工業大学、筑波大学大学院、早稲田大学)に絞られた後、グローバルな審査基準によるプレゼンテーション・専門家からの質疑応答等による最終審査が行われるという、非常にハイレベルなコンペティションでした。

 優勝は社会人大学院生による筑波大学大学院チームでした。青山学院大学チーム【指導教官:白須洋子教授、参加学生;経済学部:大江航君、岩田実穂さん[以上、白須ゼミ]、経営学部1名、国際マネジメント研究科1名】は惜しくも2位でしたが、学部学生中心のチームでは実質1位と評価され、また一次審査の企業分析レポートでは最高点を獲得し、多くの審査員から高い評価が得られました。
日々の学びが十分に発揮・評価された結果と思われます。今回のことを自信にして自らの学びをより一層高めていってください。

(経済学部教授 白須洋子)

cfa