ニュース・トピックス

経済学部学生の東日本大震災に対するボランティア活動支援について

東日本大震災の被災地における復旧・復興活動や被災者の生活再建に対して、急務かつ持続的な支援が求められています。2011年3月11日の大地震・大津波・原発事故による被害は甚大であり、国内外から、また世代を超えた支援活動の輪が広がっています。

青山学院の建学の精神、また大学の教育方針に照らしても経済学部学生が自主的かつ積極的に被災地・被災者へのボランティア活動に参加することを経済学部は支援することとしました。

この大震災からの復旧・復興に、ボランティア活動を通じて参加することにより学生諸君はつぎのような、根本的な問いを考えさせられることでしょう。すなわち

・人間的であるということはどういうことか
・大震災に直面し、経済学を学ぶことの意義はなにか
・今後、地域社会や私たちの生活のあり方はどうあるべきか

などがそれです。

その意味で経済学部が、今回の大震災に対するボランティア活動に参加しようとする学生に対する支援を行うことは意義あるものと思われます。
以上の主旨に照らして、経済学部学生が東日本大震災に対するボランティア活動を支援するための制度を期限付で設置・運営することとなりました。

以上

_img2009win04