ニュース・トピックス

Share-ProjectのAMコース,投資ファンドコンペで「総合2位」&「企業賞1位」受賞

さる10/8,全国の学生の集まりである「Share-Project」の「Asset Managementコース」において,本学経済学部3年生の長村星良さん(白須ゼミ)らのグループが,総合で第2位及び企業賞で第1位の好成績を獲得しました。

20111027Share-Projectは大学の壁を超えて社会で求められる実践的な金融の知識得ること及び大学や専攻の違いを超えて学生同士で研鑽を積むことを目的に組織された学生団体です。本年度は,M&Aコース,Project financeコース,Asset Managementコース(AMコース)が設置され,AMコースには東京大学をはじめ全国の大学から約100名の参加(参加には事前審査あり)があり,約1か月の期間,第一線で働いている資産運用会社及び証券会社等の実務家の方々から講義を受けた後,チーム毎にオリジナルの株式投資ファンドを作成しその内容及びプレゼン等についてコンペティションを行いました。
チームは,合計5人(早稲田大学院M1年,慶應義塾大学4年・3年,立教大学1年,そして,青山学院大学経済学部3年長村星良さん)で構成され,アクティブ・シニア層を対象とした「日本株シニア応援ファンド ~SENIORICH~(シニリッチ)」という株式投資ファンドを作成・発表しました。

審査の結果,全14チームの中から,総合で第2位,企業賞として第1位(ニッセイアセットマジメント(株))の好成績を得ました。講評によると,ファンド発想のユニークさ,ファンド構成の理論的内容,個別銘柄分析の精緻さが評価されての受賞となりました。長村さんは評価ポイントともなった個別銘柄分析を担当し,チームに大きく貢献しました。
日々の学びが十分に発揮・評価された結果と思われます。また,5人で切磋琢磨することにより,チームワークで成果を出すことの素晴らしさや難しさを学べた良い機会だったでしょう。受賞おめでとう。そして,今回のことを自信にして自らの学びをより一層高めていってください。

(経済学部教授 白須洋子)